あの日の理想を叶える|注文住宅なら実現も夢じゃない

一軒家

家の作りと冷暖房の関係

家

省エネになる家の気密性

住宅の素材や作りが、住む人の健康や経済に密接に関わることがあります。内窓、複層ガラス、外断熱など、近年の住宅の断熱に関する設備や技術は非常に飛躍しています。その中でも最近突出しているのが高気密住宅です。高気密住宅とは、従来の家より家の隙間を少なくした作りの住宅を指す言葉です。どんな家でも屋根や壁の間などに隙間があり、これが大きいと外気や湿気が入って来たり、冷暖房の効率が悪くなります。高気密住宅は外気や湿気や熱の侵入を抑えるので、冷暖房の効率が良くなると言うメリットがあります。これから地球温暖化が進み、世界中でエアコン無しでは生活できないほど夏が暑くなることが予測されます。そのエアコンに使う電力を少しでも抑えることが出来ます。

気密性の高い家の特徴

高気密住宅は冷暖房の省エネになること、住む人が快適になることがもっとも重要なメリットです。特に夏の暑さの厳しい日本では、これからの住まいは断熱が欠かせない条件になってきます。高齢化が進んでいる日本では、体温調節のうまく出来ない高齢者のために夏の暑さを抑えることは住まいに必須と言える条件です。冬の嫌な結露を抑える働きもします。高気密住宅では、換気が通常より必要になるという点もあります。家が密閉された状態だと、家にいる人が酸素を吸いきってしまったり、冬はウイルスの増殖なども気になる存在です。定期的に換気をすることが重要です。最近の物件ではよくある24時間換気システムと併用すること、意識することなく換気が出来ます。